00656.HK --

復星の戦略の歩み

復星の戦略は段階的に進化するプロセス

  • フェーズ1:創業開始

    1992-2000

    フェーズ1:創業開始

    1992-2000

    創業:コンサルティング事業と医薬品、不動産

  • フェーズ2:拡大発展

    2001-2007

    フェーズ2:拡大発展

    2001-2007

    Domestic development: Through the participation in the reform of introducing mixed ownership to state-owned enterprises relying on China’s growth drivers, a comprehensive multi-industry enterprise was formed.

  • フェーズ3:布石

    2008-2018

    フェーズ3:布石

    2008-2018

    グローバル+新産業の配置:中国の発展動力でグローバルリソースと繋げさせ、産業+運営の二輪駆動の投資グループとなった。

  • フェーズ4:深化

    2019-

    フェーズ4:深化

    2019-

    ディープな産業運営:戦略をフォーカスし、FC2M、イノベーション駆動型家庭消費産業グループ

  • External factors

    改革開放が新たな段階に入り、土地、資本、労働力が流動でき、都市化が勃興したことは復星が医薬、不動産などの重点業界で創業し、発展するために有利な条件を作り出した。

  • Internal breakthrough

    1992年に創業し、市場調査研究業務の範疇を突破し、診断試薬市場のチャンスを見つけ、生物製薬+医薬流通領域に入り、1998年に復星医薬が上場に成功。
国有企業の代理分譲住宅販売市場のチャンスを積極的に掴み、策源案件から復地案件まで、中国の不動産業界に切り込んだ。

  • Typical Case

    1994年に復星医薬を設立し、医薬業界に入り、1998年に復星医薬が上場。

    
1998年に復地を設立し、急速に国内トップの不動産企業になった。

  • External factors

    国有企業の制度改革、中国のWTOの加入が可能となり、鉄鋼製造、重工業、デパート小売などの業界が飛躍的に発展し、民営企業が国民経済建設に参与する良好な契機と形成された。

  • Internal breakthrough

    医薬、不動産業務の構築に突破的な発展:「豫園商城」、「南鋼」、「招金」などの国有企業に参入する。小売流通、製造、鉱業を積極的に配置し、産業統合の新たな枠組みを実現した。復星の柔軟な経営メカニズムを注入することによって、伝統的な国有企業の市場経営の品質を向上させた。

    国有資産価値の向上の支援:「豫園商城」、「招金」、「南鋼」の持続的な高速発展を推進した。

  • Typical Case

    2001年豫園商城に投資。


    2003年に南鋼聯に投資し、制造業に布石を打った。国薬控股に投資し、医薬流通分野を配置する。


    2004年に復地が上場し、招金鉱業に投資して川上·川下の統合を完備した。


    2007年復星国際、招金鉱業上場。

  • External factors

    金融危機が世界を席巻し、中国のマクロ経済が穏健に発展し、健康、金融と消費産業がアップグレードされた。「グローバル化」プロセスの加速、「中国への投資」がホットスポットとなっている、モバイルインターネットの急速な発展

  • Internal breakthrough

    2017年に、家庭顧客を中心とする方針の打ち出し。


    復星の国際化戦略が突破を実現した。


    一方では、グローバルの医薬、ファッション、観光、不動産、金融、消費などの「中国の発展原動力と世界のリソースを繋げる」機会に積極的に注目し、「保険を核心とする総合金融能力」を構築し、Fidelidade、鼎叡再保険、AmeriTrustなどの保険会社に投資し、保険産業の布石を完備した。

    2018年に豫園が再編され、豫園のホールディングス株主となった。

     

  • Typical Case

    2010年にクラブメドを買収。


    2011年に三元食品に投資。


    2012年に復星プルデンシャル生命保険が開業。

    
2013年に佛山禅医を買収。


    2013、14年はポルトガル保険、鼎叡、AmeriTrustなどの保険会社に投資。

    
2016年に復星旅文集団を設立し、2018年に香港で上場。


    2017年にファッショングループを設立。


    2018年に豫園の株式を再編し、ホールディングス株主となった。

  • External factors

    人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどのデジタル化、スマート化技術は、個性化の消費ニーズを洞察し、満たすことを可能とす。産業インターネットが新たなトレンドと原動力になった。

  • Internal breakthrough

    深度の産業運営の初の年度


    明確な位置づけ:「イノベーション駆動の家庭消費産業グループ」を構築する。「フォーカス」戦略を打ち出し、FC2M。ベビーツリー、世紀佳縁、ミント健康、東家、復星健康+などC2M垂直サーキットのレイアウトを完成


    エコシステムの乗数:復星旅文と復宏漢霖の上場を推進し、グループの既存産業とのエコシステムの乗数効果を十分に発揮させる。

  • Typical Case

    2019年に復宏漢霖が発売


    2019年に海鴎と上海ブランドに投資し、国有企業のモデルチェンジとアップグレードを積極的に支援し、乗数効果を発揮する


    2020年にミント健康に投資し、復星健康+を設立

     

Capability evolution:
  • 0から1へ
    /
  • 従来の企業の構造改革とアップグレード
    /
  • 中国の発展動力とグローバルのリソース
    /
  • FC2M
    /

復星戦略の枠組み:ファミリー顧客を中心としたエコシステムの相乗効果+イノベーション主導の戦略

ファミリー顧客を中心

  • FC2M

    FC2M

    FC2Mは、デジタル化されたツールを使用して、顧客の細分化と詳細な洞察を行い、顧客の実際のニーズを理解し、革新的な製品とサービスで顧客の悩みを解決する。デジタル化の手段を通じて逆方向に顧客に推薦、正確にコンタクト、CとMの間の双方向の効率的なクローズングループを実現する。
復星は傘下の各産業が所在の細分化分野の垂直C2Mを貫通することを推進している一方でM側のデジタル化、全域でC側に接触する能力を強化し、顧客の需要で駆動することを実現する。一方、M側の柔軟でスマートなサプライチェーン能力を構築し、顧客の個性的なニーズを効率的に満たす。

  • 産業運用+投資

    産業運用+投資

    投資を以って産業運営能力を強化し、高度な産業運営を通じて投融資能力を付与し、二輪ツインドライバーを実現する。

  • 保険(金融)+投資

    保険(金融)+投資

    保険はハイヴ/産業に投資し、産業は保険を支えて収益率を上げる
製品力を磨き、引受側の能力を高め、保険投資可能資金規模を持続的に拡大する
資産配置を最適化し、投資先の能力を強化する
「中国の発展動力でグローバルリソースと繋げる」理念に合致する良質な投資対象を引き続き探す
核心戦略の方向性であるゆとり、健康で、楽しい分野の優良企業に重点的に注目する
C2Mロジックに準拠し、エコ乗数を生み出す優れた企業への投資

  • イノベーション主導

    イノベーション主導

    自主研究開発、投資インキュベーション、特許、イノベーション製品の提携導入等の方式を通じて、多元的で立体的なイノベーション体系を構築する
家庭のシーンに重点的に切り込み、グローバルのイノベーションサーキットの頂点を占め、製品力と競争力が備えた復星の優れた製品を育成する

  • グローカリゼイション

    グローカリゼイション

    トップ設計の先行目標が明確になり、「グローカル化配置」エコシステムの相乗効果を推進する