00656.HK --

ファミリー層を中心に 「双循環」戦略を推進、中国国際輸入博覧会に4年連続出展

Release Time:2021-11-30 Author: Source: Pageviews:

2021年11月4日夜、第4回中国国際輸入博覧会(以下、輸入博)が国家会議展示センター(上海)で正式に開催された。


上海を拠点とするグローバル企業である復星は、4年連続で海外のメンバー企業とパートナー企業を連れて輸入博に参加した。復星は年に一度の「ホームグラウンド外交」の機会を通じ、世界をリードする技術革新とリソース統合能力をさらに発揮し、世界中のファミリー顧客に最高の製品とサービスを提供することで、政府の新しい「双循環(デュアル・サーキュレーション)」戦略の加速的な発展を促進させようとしている。





内需を拡大し、開放性を高め、交流を促進することは、新時代のコンテクストにおける「輸入博の力」となる。今回の輸入博で、復星健康(Fosun Health)と復星旅文(Foliday)は、医療機器・ヘルスケア製品ゾーン(ブース番号:8.1 B03-002)、バイオ医薬品ゾーン(ブース番号:7.2 C03-005)、サービス貿易ゾーン(ブース番号:8.2H C3-03)にそれぞれブースを設けて出展した。世界の最先端の医療技術を紹介し、来場者に新たな喜びを届けたいと考えている。



 

復星健康(Fosun Health)のブースは、最先端の技術に焦点を当て、復星の高いグローバル産業運営能力を十分に実証し、ECMO陰圧式救急車を含む、米国、ヨーロッパ、イスラエル、およびその他の国の業界をリードする医療機器と革新的な医薬品を中心に展示された。これまでの輸入博で人気を博した手術ロボット「ダヴィンチ」、CAR-T製品の「Yescarta®」、植毛手術支援ロボット「ARTAS」、人工呼吸器「Breas」などが、引き続き復星健康のブースで展示され、輸入博の「波及効果」を共有する。








また、復星国際と復星医薬の主催により、輸入博のサポートイベントである「第4回虹橋国際健康科学技術イノベーションフォーラム」も引き続き開催された。このフォーラムには、政府、科学研究機関、国内外の大手製薬企業の代表者が参加し、グローバルなヘルスケア技術分野の最新動向と成果を共有し、国際協力によるヘルスケアの技術革新を推進する方法を模索し、世界の公衆衛生と福祉を向上させ、万人のための健康なグローバルコミュニティを共同で構築する。





「国内循環、国内と海外の双循環」という現在の新しい発展戦略のもと、復星旅文(FOSUNFoliday)のブースは、国際的、ハイエンド、エコロジー、デジタル革新的な観光文化商品で、国内の観光やレジャー消費のアップグレード需要に焦点を当て、中国の観光文化産業がより高い品質で発展するように支援する。 フランスの「クラブメッド」、イギリスの「トーマス・クック」、ギリシャの「カーサ・クック」、「クックズクラブ」、「アトランティス」などのブランドが、独自のブランド力と、中国市場の需要と現地の自然・文化的資源を融合させた革新的な文化観光商品を紹介する。輸入博という国際的なプラットフォームを活用し、今回、10以上の国際協力協定の調印が行われる予定だ。





復星グループ傘下の豫園(Yuyuan)は、「上海牌時計」、「童涵春堂」、「南翔饅頭店」、「松鶴楼」、「春風松月楼」、「梅眉酒」などのクラシック・ブランドと協力して「上海総合イメージパビリオン」で「国潮」を展開し、東洋的美学を示した。中国ブランドの文化的歴史と創意創新性を世界に向けて発信したことは特筆すべきことだ。



图片7


图片8


图片12



1992年に設立され、中国にルーツを持つグローバル企業である復星は、2018年、2019年、2020年、2021年と4年連続で、海外の会員企業やパートナー企業と手を組んで中国国際輸入博覧会に出展しており、輸入博の「古き友」となっている。



图片9


图片10


图片11



復星国際の郭広昌董事長は次のように述べた:


今回の輸入博への参加は、全世界の技術を結びつけ、ファミリー顧客が幸せに暮らせるようにと願う復星の成果を示すものであり、長年にわたって世界的な産業、資源、ブランドを統合してきた復星の能力を示す優れたものである。復星は、イノベーションを推進するグローバルな家庭用消費財産業グループとし、引き続きグローバルな発展戦略を堅持し、世界を舞台とした競争と発展に積極的に参加し、国内外のマーケットとリソースを最大限に活用し、中国経済がさらに強固かつ持続可能で健全な発展するよう貢献していきたい。