00656.HK --

企業概要

イノベーション主導のコンシューマーグループ

1992年に創設された復星は「Health・Happiness・Wealth」の三大事業において、高品質の製品とサービスを世界中のファミリー顧客に提供しております。2007年、復星国際有限公司は香港証券取引所メインボードに上場(証券コード:00656.HK)し、2020年フォーブス誌に公表されたグローバル上場企業上位2000社のランキングで371位にランクインされました。

 

  • 20+

    事業を展開してる国

  • 71000+

    世界中の従業者数

  • 30%

    科学技術イノベーションへの経費投入が税引き前利益に占める割合

  • 371

    2020フォーブス誌によるグローバル上場企業ランキング

ミッション

世界中の家庭をより幸せに

ビジョン

中国に根を張り、「Heath・Happiness・Wealth」事業において、グローバルにおける10億のファミリー顧客のニーズに応えるハピネスエコシステムを構築。

誰と共に成長しますか

  • 消費者

    ファミリーに焦点を当て、イノベーションで幸せのグレードアップを導きます

  • 投資家

    安定した長期的発展、株主の皆様により大きな価値を創り出します。

  • 協力パートナー

    お客様を中心として、共にopen・win-winの関係の「FC2Mエコシステム」を構築します。

  • 従業員

    優秀な人材が集まることで、、世界をよりよくします。

我々は如何に世界を変えるのでしょうか

  • ファミリー顧客をメイン顧客とします
  • FC2Mモデル
  • 運営と投資
  • イノベーション主導
  • グローカリゼイション(グローバルとローカル)
  • 保険(金融)+投資

ファミリー顧客をメイン顧客とします

家庭は幸せな生活の基盤であり、復星の企業文化価値観の核心要素でもあります。長年の産業の布石と積み重ねに、復星は「Health・Happiness・Wealth」の3つの事業を巡って、ファミリーのライフサイクルにわたるハピネスエコシステムを構築し、全世界のファミリーに総合的なワンストップソリューションを提供します。

 

FC2Mモデル

FC2MのC2MはClient to Maker (お客様からスマート製造業者へ):「F」はFosun復星とともに、Familyファミリーという意味もあります。FC2Mはデジタルツールを使ってお客様の本当のニーズを理解した上、製品とサービスの革新により、お客様の課題を解決します。また、お客様と製造業者の効率的な双方向コミュニケーションはデジタル化によって、お客様のニーズを正確に掴むことができます。

 

運営と投資

復星は既存産業の経営を基礎として、インカムゲイン投資の経営戦略もあります。長年の産業の経験により、復星はいち早く世界中の多くの投資機会を発見し、且つ把握することができます。産業分野の選択から多次元の産業進出、さらに全方位の運営の向上や深く共同した権限付与まで、復星は産業の運営と産業投資のツインドライバーを通じて、効率的に産業チェーンを統合し、より多くの優れた製品を創り出します。

 

イノベーション主導

イノベーションは復星発展の核心力です。健康分野の科学技術の研究開発に、AIデジタル技術も、復星は自主的な研究開発とインキュベーション、VC投資、機構協力などの方式を通じて、立体多次元のグローバルイノベーション体系を構築し、イノベーションによってファミリーの幸福をアップグレードするように取り組んでいます。

 

グローカリゼイション(グローバルとローカル)

中国で最初に海外進出した企業の一つとして、復星は世界20カ国以上で産業運営を行い、業務開拓、科学技術イノベーション、人材育成など多様な側面からグローカリゼイション戦略を実現します。

保険(金融)+投資

復星金融産業は「保険+投資」の発展モデルを堅持し、「保険を中核とする総合金融力」を十分に発揮し、成長産業に参与する主な融資手段として活用します。一方、「産業の深度運営を基礎とし、且つPE投資を主とする投資能力」を引き続き発揮、推進し、中国の発展牽引力とグローバルリソースを併せることで成功の実現を継続します。

発展の歩み

復星は復旦大学の卒業生によって1992年に創立されました。創立以来、復星は「産業運営+産業投資」のツインドライバー戦略を通じて、産業を深く運営し、持続的にイノベーションを通じて、中国とグローバルの経済発展の動力をしっかりと把握し、著しい発展を実现しました。
  • フェーズ4(2017-至今): 深化
  • フェーズ3(2008-2016): 布石
  • フェーズ2(2001-2007): 拡大発展
  • フェーズ1(1992-2000): 創業開始